不景気.com > 国内リストラ > 新川が希望退職による70名の削減へ、武蔵村山工場を閉鎖

新川が希望退職による70名の削減へ、武蔵村山工場を閉鎖

新川が希望退職による70名の削減へ、武蔵村山工場を閉鎖

東証1部上場で半導体製造装置を手掛ける「ヤマハモーターロボティクスホールディングス」(旧商号:新川)は、希望退職者の募集による70名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは「新川」および「新川テクノロジーズ」の従業員で、退職日は12月31日。退職者には割増退職金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針です。

また、2019年12月をめどに武蔵村山工場(東京都)を閉鎖し、一部の生産品については親会社の「ヤマハ発動機」に生産を委託する予定です。

長い間、赤字が続くなど業績不振に苦しんだ新川は、ヤマハ発動機の子会社となり経営再建中で、黒字化に向け生産拠点の再編や人件費の削減が必要と判断し今回の施策に至ったようです。

構造改革の実施に関するお知らせ:ヤマハモーターロボティクスホールディングス

「国内リストラ」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事