不景気.com > 赤字決算 > RIZAPの19年3月期は193億円の最終赤字転落、改革費用

RIZAPの19年3月期は193億円の最終赤字転落、改革費用

RIZAPの19年3月期は193億円の最終赤字転落、改革費用

札証アンビシャス上場でトレーニングジムの「ライザップ」を展開する「RIZAPグループ」は、2019年3月期決算短信を発表し、当期純損益が193億9300万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績:RIZAPグループ

売上高営業損益純損益
19年3月期 2225億円 △93億8800万円 △193億9300万円
前期実績 1220億6300万円 117億8000万円 90億7500万円
次期予想 2250億円 32億円 5億円

「ワンダーコーポレーション」「ジャパンゲートウェイ」「サンケイリビング新聞社」「ぱど」「タツミプランニング」など、過去1年以内に買収した企業・事業を中心に経営再建が遅れているほか、店舗閉鎖や在庫評価減・子会社ののれん減損費用などとして、第4四半期に約93億円の構造改革関連費用を追加計上したため、営業損益・純損益ともに赤字転落となりました。

2019年3月期決算短信:RIZAPグループ

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事