不景気.com > 赤字決算 > RIZAPの19年3月期は70億円の最終赤字へ、買収企業不振

RIZAPの19年3月期は70億円の最終赤字へ、買収企業不振

RIZAPの19年3月期は70億円の最終赤字へ、買収企業不振

札証アンビシャス上場でトレーニングジムの「ライザップ」を展開する「RIZAPグループ」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が70億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:RIZAPグループ

売上高営業損益純損益
前回予想 2500億円 230億円 159億4000万円
今回予想 2309億円 △33億円 △70億円
前期実績 1362億100万円 135億4100万円 92億5000万円

「ワンダーコーポレーション」「ジャパンゲートウェイ」「サンケイリビング新聞社」「ぱど」「タツミプランニング」のメガソーラー事業など、過去1年以内に買収した企業・事業を中心に業績の改善が遅れていることに加え、旧「マルコ」における主力商品の生産遅延や、北海道胆振東部地震の発生に伴う「SDエンターテイメント」での特別損失の計上も重なり、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

また、グループ会社・事業において業績回復のめどが立つまでは、新規のM&Aを原則として凍結することも併せて明らかにしました。

業績予想の修正に関するお知らせ:RIZAPグループ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事