不景気.com > 国内倒産 > 愛知「マルサのちくわ」の「蒲サ食品」に破産決定、負債6億円

愛知「マルサのちくわ」の「蒲サ食品」に破産決定、負債6億円

愛知「マルサのちくわ」の「蒲サ食品」に破産決定、負債6億円

愛知県西浦町に本拠を置く練り製品製造の「株式会社蒲サ食品」は、5月14日付で名古屋地方裁判所豊橋支部より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1946年に創業の同社は、ちくわ・かまぼこ・かにかまなど水産練り製品の製造・販売を主力に事業を展開し、特に主力商品の「マルサのちくわ」は東海地方を中心に高い知名度を有していました。

しかし、主要取引先となるスーパーからの受注減で売上が落ち込むと、魚価の高騰に伴う採算の悪化も重なり資金繰りが逼迫したため、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約6億円の見通しです。

「マルサのちくわ」破産:中日新聞

「国内倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事