不景気.com > 国内リストラ > トヨタ紡織が富士裾野工場を閉鎖へ、自動車シート生産

トヨタ紡織が富士裾野工場を閉鎖へ、自動車シート生産

トヨタ紡織が富士裾野工場を閉鎖へ、自動車シート生産

東証1部上場で自動車部品製造の「トヨタ紡織」は、2020年12月までに富士裾野工場(静岡県裾野市)での生産を停止すると発表しました。

2009年に設立の富士裾野工場は、「センチュリー」や「ジャパンタクシー」などの自動車用シートや、新幹線用シートなどの製造を主力に事業を展開しているものの、主要納入先となる「トヨタ自動車東日本」の東富士工場(静岡県裾野市)が2020年末までの閉鎖を決定しているため、国内生産体制の再編が必要と判断し今回の措置に至ったようです。今後は、東北・東海地方などに生産を集約する予定です。

また、富士裾野工場に納入するシートカバーやドア部品などを生産するグループ会社の「TBソーテック関東」についても、2020年8月に生産を停止する予定です。

富士裾野工場の今後について決定事項のご報告 | トヨタ紡織

「国内リストラ」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事