不景気.com > 買収合併 > 東芝が米LNG事業の売却契約を解除、売却先から中止要請

東芝が米LNG事業の売却契約を解除、売却先から中止要請

東芝が米LNG事業の売却契約を解除、売却先から中止要請

東証・名証2部上場の電機大手「東芝」は、アメリカ産液化天然ガス(LNG)事業の売却契約を解除すると発表しました。

東芝は、2018年11月に中国の民間ガス大手「新奥生態控股」との間でLNG事業の売却契約を締結したものの、今年4月に新奥生態控股から売却契約を中止するとの連絡を受けていました。

そのため、このまま売却完了を目指すのは難しく、早期に契約を解除した上で、新たに売却先を探すのが賢明と判断し今回の決定に至ったようです。なお、事業売却については2019年度中の完了を目指すとのことです。

米国産液化天然ガスに係る事業の売却プロセスの再開に関するお知らせ:東芝

「買収合併」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事