不景気.com > 国内倒産 > 長野の衣料品販売「ロン・都」が民事再生法、負債34億円

長野の衣料品販売「ロン・都」が民事再生法、負債34億円

長野の衣料品販売「ロン・都」が民事再生法、負債34億円

信用調査会社の帝国データバンクによると、長野県長野市に本拠を置く衣料品販売の「株式会社ロン・都」は、3月18日付で長野地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

同社のホームページによると、1967年に設立の同社は、「RON MIYAKO」「Pure House」「INSIST」の店名で衣料品の販売を手掛け、ロードサイド店舗を主力にショッピングセンターやスーパーにもテナント出店し、長野県内を中心に新潟県や群馬県で23店舗を展開するなど事業を拡大していました。

しかし、インターネット通販との競争激化などで売上が減少すると、不採算店舗の閉鎖により生き残りを目指したものの、その後も業績改善には至らず、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

2016年2月期末時点の負債総額は約34億円の見通しです。

長野の衣料品小売業者、ロン・都、民事再生を申請(帝国データバンク) Yahoo!ニュース

「国内倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事