不景気.com > 赤字決算 > カドカワの19年3月期は43億円の最終赤字へ、「ニコ動」不振で

カドカワの19年3月期は43億円の最終赤字へ、「ニコ動」不振で

カドカワの19年3月期は43億円の最終赤字へ、「ニコ動」不振で

東証1部上場で出版・動画配信を手掛ける「カドカワ」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が43億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:カドカワ

売上高営業損益純損益
前回予想 2310億円 80億円 54億円
今回予想 2070億円 19億円 △43億円
前期実績 2067億8500万円 31億4400万円 10億3800万円

ウェブサービス事業を手掛ける子会社「ドワンゴ」の業績について、位置情報ゲームの「テクテクテクテク」が期待値を大幅に下回って推移していることに加え、動画配信サービスの「ニコニコ動画」も先行投資が嵩むなど不振に陥っていることから、固定資産の減損損失として37億9900万円の特別損失を計上するため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:カドカワ

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事