不景気.com > 赤字決算 > プレナスの19年2月期は15億円の最終赤字へ、売上伸び悩み

プレナスの19年2月期は15億円の最終赤字へ、売上伸び悩み

プレナスの19年2月期は15億円の最終赤字へ、売上伸び悩み

東証1部上場で持ち帰り弁当の「ほっともっと」や飲食店の「やよい軒」などを展開する「プレナス」は、2019年2月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が15億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年2月期通期連結業績予想:プレナス

売上高営業損益純損益
前回予想 1587億円 13億円 0
今回予想 1539億円 △6億円 △15億円
前期実績 1457億900万円 49億7900万円 23億5100万円

既存店売上高の伸び悩みや原材料価格の上昇に加え、固定資産の除却損や減損損失・法人税等調整額の影響により、営業損益・純損益ともに赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:プレナス

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事