不景気.com > 赤字決算 > ジョイフルの19年6月期は15億円の赤字へ、客数減・人件費増

ジョイフルの19年6月期は15億円の赤字へ、客数減・人件費増

ジョイフルの19年6月期は15億円の赤字へ、客数減・人件費増

福証上場で九州地盤のファミリーレストランチェーン「ジョイフル」は、2019年6月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が15億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年6月期通期連結業績予想:ジョイフル

売上高営業損益純損益
前回予想 未定 未定 未定
今回予想 727億円 3億円 △15億円
前期実績 321億8700万円 8億6800万円 1億7600万円

*決算期の変更に伴い前期実績値は6ヶ月の変則決算

客数の落ち込みによる売上高の減少に加え、人手不足に伴う採用費・人件費の高騰が利益を圧迫すること、固定資産の減損損失が想定を上回ることから、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:ジョイフル

「赤字決算」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事