不景気.com > 国内倒産 > 大阪のビルメンテナンス「三興」、奈良市が破産申し立て

大阪のビルメンテナンス「三興」、奈良市が破産申し立て

大阪のビルメンテナンス「三興」、奈良市が破産申し立て

大阪府豊中市に本拠を置くビルメンテナンス業の「株式会社三興」は、12月21日付で奈良市より破産手続を申し立てられたことが明らかになりました。

1970年に創業の同社は、ビル・マンション・高速道路・病院などの管理業務や美装工事を主力に事業を展開するほか、奈良市針町にて道の駅「針T・R・S」(はりテラス)の管理・運営を手掛けていました。

しかし、競争激化などから業績が悪化し慢性的な赤字状態に陥ると、道の駅の土地を所有する奈良市に対して土地使用料を滞納していることが判明し、奈良市は同社との事業契約を解除するとともに今回の措置に至ったようです。

信用調査会社の帝国データバンクによると、負債総額は約14億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事