不景気.com > 赤字決算 > ピクセルカンパニーズの18年12月期は15億円の最終赤字へ

ピクセルカンパニーズの18年12月期は15億円の最終赤字へ

ピクセルカンパニーズの18年12月期は15億円の最終赤字へ

ジャスダック上場でオフィス用トナー販売から事業転換中の「ピクセルカンパニーズ」(旧商号:ハイブリッド・サービス)は、2018年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が15億7100万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年12月期通期連結業績予想:ピクセルカンパニーズ

売上高営業損益純損益
前回予想 47億8500万円 1億円 1000万円
今回予想 23億7800万円 △11億2500万円 △15億7100万円
前期実績 113億2500万円 △12億4400万円 △26億7000万円

太陽光発電案件における工事遅延の影響や、カジノ関連機器の販売不調、仮想通貨マイニング事業の計画未達などにより売上高は前回予想を下回る見込みで、また、子会社の固定資産やのれんの減損損失を計上することから、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:ピクセルカンパニーズ

関連記事

「赤字決算」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事