不景気.com > 不景気ニュース > グーグルがメッセージングサービス「Allo」を終了、わずか2年で

グーグルがメッセージングサービス「Allo」を終了、わずか2年で

グーグルがメッセージングサービス「Allo」を終了、わずか2年で

アメリカのIT大手「グーグル」は、2019年3月もってメッセージングサービスの「Google Allo」を終了すると発表しました。

2016年9月にサービスが開始された「Google Allo」は、ユーザー間でテキストメッセージやボイスメッセージ・ファイル・画像のやり取りができるサービスで、スマートフォン用アプリに加え、ウェブサービスとしてパソコンなどからも利用することが可能です。

しかし、各社がしのぎを削るメッセージングサービスの競争において、知名度・利用者数ともに低迷していることに加え、成長が見込めるテレビ電話サービスやビジネスチャットサービスに資源を注力するため、今回のサービス終了を決定したようです。

The latest on Messages, Allo, Duo and Hangouts

「不景気ニュース」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事