不景気.com > 国内倒産 > 演劇情報誌発行の「モーニングデスク」が事業停止、破産へ

演劇情報誌発行の「モーニングデスク」が事業停止、破産へ

演劇情報誌発行の「モーニングデスク」が事業停止、破産へ

東京都渋谷区に本拠を置く広告・デザイン・出版業の「有限会社モーニングデスク」は、10月31日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任したことが明らかになりました。今後は自己破産を申請する予定です。

1987年に設立の同社は、1992年に演劇情報誌の「シアターガイド」を創刊すると、東京を中心とする演劇やミュージカルなどの公演情報や、出演者のインタビューを掲載する演劇専門誌として支持を得ていました。

しかし、近年は出版不況に伴い発行部数が減少したほか、広告出稿の落ち込みも重なり業績が悪化したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。なお、シアターガイドの休刊も併せて明らかにされました。

演劇情報誌の「シアターガイド」が休刊、26年の歴史に幕 - 不景気.com

「国内倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事