不景気.com > 赤字決算 > APAMANの18年9月期は11億円の最終赤字へ、投資損失で

APAMANの18年9月期は11億円の最終赤字へ、投資損失で

APAMANの18年9月期は11億円の最終赤字へ、投資損失で

ジャスダック上場で不動産賃貸仲介大手の「APAMAN」(旧商号:アパマンショップホールディングス)は、2018年9月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が11億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年9月期通期連結業績予想:APAMAN

売上高営業損益純損益
前回予想 405億円 26億円 8億円
今回予想 416億円 16億円 △11億円
前期実績 402億6200万円 25億5600万円 13億円

新たな子会社の寄与で売上高は前回予想を上回ると見込むものの、シェアリングエコノミー事業などの先行投資や、利益を見込んでいた投資有価証券の売却が実現しなかったこと、持分法投資損失や減損損失・法人税等調整額の計上などから、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:APAMAN

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事