不景気.com > 国内リストラ > 上村工業が子会社のめっき加工から撤退、工場建設も中止

上村工業が子会社のめっき加工から撤退、工場建設も中止

上村工業が子会社のめっき加工から撤退、工場建設も中止

東証2部上場でめっき用資材販売の「上村工業」は、連結子会社の「サミックス」が手掛けるめっき加工事業を廃止すると発表しました。

1963年に設立の同子会社は、自動車部品のめっき加工を主力に事業を展開しているものの、顧客の海外生産移転などから受注が減少し、厳しい環境が続いています。

そのため、新たな受注獲得を目的として、新工場の建設をはじめとする再構築策を計画し、2017年6月には増資による資金調達を行ったものの、今年に入っても国内めっき加工市場の縮小が続いており、今後の業績回復は困難と判断したため、新工場の建設を中止し当該事業の廃止を決定したようです。

なお、当該事業の廃止に伴う連結業績への影響は軽微とのことです。

連結子会社の事業の一部廃止に関するお知らせ:上村工業

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事