不景気.com > 国内リストラ > 東海カーボンが四輪ブレーキ用事業から撤退、関連事業を譲渡

東海カーボンが四輪ブレーキ用事業から撤退、関連事業を譲渡

東海カーボンが四輪ブレーキ用事業から撤退、関連事業を譲渡

東証1部上場で炭素製品製造の「東海カーボン」は、摩擦材事業のうち四輪ブレーキ用事業から撤退すると発表しました。

子会社の「東海マテリアル」を通じて、一般焼結材やペーパー材料・摺動材料・自動車用・鉄道用・産業機械用レジン材などの摩擦材を製造しているものの、事業の選択と集中により、今後の成長が見込まれる産業用ロボットや風力発電分野向けの電磁ブレーキ用摩擦材などに経営資源を集約するため、四輪ブレーキ用事業からの撤退を決定したようです。

また、その一環として、同子会社が保有する四輪補修市場向けブレーキ関連製品に関する事業を、ブレーキ部品製造の「エムケーカシヤマ」(長野県佐久市)に譲渡することもあわせて明らかにしました。

事業譲渡に関するお知らせ:東海カーボン

関連記事

「国内リストラ」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事