不景気.com > 不景気ニュース > 百貨店「岩田屋」が久留米店の新館を閉店、本館に集約

百貨店「岩田屋」が久留米店の新館を閉店、本館に集約

百貨店「岩田屋」が久留米店の新館を閉店、本館に集約

「三越伊勢丹ホールディングス」の子会社「岩田屋三越」は、運営する「岩田屋・久留米店」(福岡県久留米市)の新館を2019年3月に閉店すると発表しました。

1972年に開業の久留米店は、西鉄久留米駅前に立地する地上10階・地下1階の百貨店で、1983年には隣接地に新館をオープンしました。新館は、地上9階・地下1階の建物のうち1階から4階部分を売場として、主に紳士服やキッチン・インテリア用品などを販売し、2階と4階を本館との連絡通路で結んでいました。

しかし、地方人口の減少や郊外店舗との競争激化などから業績が悪化しているため、2館体制の維持は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事