不景気.com > 国内倒産 > アニメ撮影の「アジアアニメーションパートナーズ」に破産決定

アニメ撮影の「アジアアニメーションパートナーズ」に破産決定

アニメ撮影の「アジアアニメーションパートナーズ」に破産決定

信用調査会社の東京商工リサーチによると、東京都練馬区に本拠を置くアニメ撮影の「株式会社アジアアニメーションパートナーズ」は、6月8日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

2005年に設立の同社は、テレビアニメ「銀河鉄道物語」などのアニメ制作を手掛けた「株式会社九魔」の関連会社として事業を展開し、主にアニメ撮影やエフェクト処理などを行っていました。

しかし、2017年12月に九魔の代表が死去したことで、各々の事業が別々に譲渡された一方、同社については事業継続が困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約1650万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事