不景気.com > 国内リストラ > カシオがコンパクトデジカメ事業から撤退、市場縮小で赤字続き

カシオがコンパクトデジカメ事業から撤退、市場縮小で赤字続き

カシオがコンパクトデジカメ事業から撤退、市場縮小で赤字続き

東証1部上場の電機メーカー「カシオ計算機」は、業績が悪化しているコンパクトデジタルカメラ事業から撤退すると発表しました。

当期に独自ジャンルの新製品を投入したものの、コンパクトデジタルカメラ市場の縮小が続いていることから業績の挽回には至らず、デジタルカメラ事業の赤字脱却を目指し今回の決定となったようです。

なお、同事業の撤退に伴い、在庫の洗い替えなどによる営業損失の計上や、資産廃棄損・固定資産の減損損失などの事業構造改善費用を計上しました。

2018年3月期決算説明会資料:カシオ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事