不景気.com > 企業不況 > 陽光都市開発が時価総額に係る猶予期間入り銘柄へ

陽光都市開発が時価総額に係る猶予期間入り銘柄へ

陽光都市開発が時価総額に係る猶予期間入り銘柄へ

大阪証券取引所は、12月1日付でジャスダック上場の不動産業「陽光都市開発」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。

これは、同社の11月時価総額が3億円未満となったための措置で、猶予期間となる2012年8月31日までに時価総額が所要額を超えない場合は上場廃止となります。

物件仕入れの不足に伴う不動産販売の落ち込みやリストラ費用の計上などにより、今期業績は最終赤字および債務超過を見込むなど厳しい環境が続いています。

上場時価総額の猶予期間入り銘柄:陽光都市開発| 大阪証券取引所

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事