不景気.com > 赤字決算 > TOTOの中間期は純損益29億円の赤字見通し、円高影響で

TOTOの中間期は純損益29億円の赤字見通し、円高影響で

TOTOの中間期は純損益29億円の赤字見通し、円高影響で

東証1部などに上場するトイレ関連製品大手の「TOTO」は、2011年3月期第2四半期(累計)の連結業績予想を下方修正し、四半期純損益が29億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2011年3月期第2四半期(累計)連結業績予想:TOTO

売上高 営業損益 純損益
前回予想 2100億円 10億円 △15億円
今回予想 2080億円 17億円 △29億円
前年同期 2046億7200万円 △15億8300万円 △46億600万円

コスト削減の実施や海外事業が好調に推移したことから営業損益では前回予想を上回ったものの、円高の影響や有価証券評価損など特別損失の計上により、純損益では前回予想に比べ赤字幅が拡大する結果となりました。

なお、通期業績は純損益50億円の黒字を予想しています。

業績予想の修正に関するお知らせ:TOTO

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事