不景気.com > 赤字決算 > LIXILの19年3月期は530億円の最終赤字へ、伊子会社不振で

LIXILの19年3月期は530億円の最終赤字へ、伊子会社不振で

LIXILの19年3月期は530億円の最終赤字へ、伊子会社不振で

東証・名証1部上場の住宅設備大手「LIXILグループ」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が530億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:LIXILグループ

売上高営業損益純損益
前回予想 1兆8450億円 400億円 15億円
今回予想 1兆8320億円 △150億円 △530億円
前期実績 1兆8293億円 591億700万円 545億8100万円

予定していたイタリア子会社「ペルマスティリーザ」の中国企業への売却について、アメリカ政府の対米外国投資委員会から否認されたため、売却契約の解除を余儀なくされました。そのため、同子会社にかかる売上減や採算の悪化、のれんなど無形資産の減損損失などとして545億円の利益下振れを見込むことから、営業損益・純損益ともに赤字転落となりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:LIXILグループ

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事