不景気.com > 赤字決算 > ダブル・スコープの19年12月期は30億円の赤字へ、米中摩擦で

ダブル・スコープの19年12月期は30億円の赤字へ、米中摩擦で

ダブル・スコープの19年12月期は30億円の赤字へ、米中摩擦で

東証1部上場でプラスチックフィルム・シート製造の「ダブル・スコープ」は、2019年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が30億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年12月期通期連結業績予想:ダブル・スコープ

売上高営業損益純損益
前回予想 175億円 8億円 3億円
今回予想 130億円 △26億円 △30億円
前期実績 87億3100万円 △33億4800万円 △28億6100万円

米中貿易摩擦の影響により、主要顧客の中国工場向け民生用電池用途セパレータの出荷が大幅に減少したため、売上高は減収を見込み、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:ダブル・スコープ

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事