不景気.com > 企業不況 > トライステージが3億円の債権放棄、シンガポール子会社譲渡で

トライステージが3億円の債権放棄、シンガポール子会社譲渡で

トライステージが3億円の債権放棄、シンガポール子会社譲渡で

東証マザーズ上場でテレビ通販を中心とするダイレクトマーケティング支援の「トライステージ」は、75%出資子会社「JML Singapore」(シンガポール)の全保有株式を譲渡するとともに、同子会社に対する貸付金など債権3億1700万円を放棄すると発表しました。

2010年に設立し、2016年にトライステージ傘下に入った同子会社は、シンガポールにおけるテレビ通販事業や日本商品の卸売を主力に事業を展開していたものの、事業環境の変化や取扱商品の陳腐化により業績が低迷していました。

そのため、業績改善には追加の投資が必要となるほか、グループの主力事業となるダイレクトマーケティング支援事業とのシナジーが低いことから、グループにおける経営資源の最適化を目的として今回の措置に至ったようです。

連結子会社の異動及び債権放棄に関するお知らせ:トライステージ

「企業不況」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事