不景気.com > 企業不況 > 阪和興業が取立不能のおそれ、シンガポールの軽油取引で

阪和興業が取立不能のおそれ、シンガポールの軽油取引で

阪和興業が取立不能のおそれ、シンガポールの軽油取引で

東証1部上場の独立系商社「阪和興業」は、連結子会社の「HANWA SINGAPORE」が保有する債権について取立不能または取立遅延のおそれが生じたことを明らかにしました。

同子会社は、2019年2月から4月にかけて、イギリス所在の取引先に対し仕入れた軽油を洋上で漁船などに分割して引き渡す取引を行いました。

しかし、期日までに取引先から入金されず、取引先に請求したところ、商品現物の所在および実際の取引の有無が確認できない状態となっているため、取引先に対する債権の取立不能または取立遅延のおそれが生じました。

なお、取立遅延が判明した時点の債権額は2000万ドル(約22億円)で、その一部については既に回収を確認しているほか、残りについても回収に向けた交渉を行っている最中のため、詳細な債権額については確定次第明らかにする予定です。

また、取引先については、法的整理や手形の不渡りなどは発生していないため、名称などについては明らかにしない方針です。

子会社における債権の取立不能または取立遅延のおそれに関するお知らせ:阪和興業

「企業不況」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事