不景気.com > 赤字決算 > サン電子の20年3月期は17億円の赤字へ、子会社関連費用で

サン電子の20年3月期は17億円の赤字へ、子会社関連費用で

サン電子の20年3月期は17億円の赤字へ、子会社関連費用で

ジャスダック上場でパチンコ機器や通信機器・ゲームソフトを手掛ける「サン電子」は、2020年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が最大で17億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2020年3月期通期連結業績予想:サン電子

売上高営業損益純損益
前回予想 275億円
~288億円
1億円
~6億円
△1億7000万円
~3億3000万円
今回予想 275億円
~288億円
△11億円
~△6億円
△17億7000万円
~△12億7000万円
前期実績 252億4300万円 △2億円 △9億8500万円

売上高は前回予想を据え置くものの、イスラエル子会社「Cellebrite Mobile Synchronization」の第三者割当増資に伴い、その関連費用や従業員へのボーナス費用などとして約12億円の営業費用を計上するため、営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見込みとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:サン電子

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事