不景気.com > 赤字決算 > 日本ケミコンの20年第1四半期は12億円の最終赤字、売上減

日本ケミコンの20年第1四半期は12億円の最終赤字、売上減

日本ケミコンの20年第1四半期は12億円の最終赤字、売上減

東証1部上場で電子部品製造の「日本ケミコン」は、2020年3月期第1四半期決算短信を発表し、四半期純損益が12億9000万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2020年3月期第1四半期連結業績:日本ケミコン

売上高営業損益純損益
2020年3月期(1Q) 287億2100万円 △9億4200万円 △12億9000万円
前年同期 360億1500万円 17億5100万円 14億600万円
通期予想 1380億円 53億円 35億円

米中貿易摩擦の影響により、主力のアルミ電解コンデンサの需要が減少するなど厳しい状況に陥っているため、売上高は前年同期比で20.3%の減少となり、営業損益・純損益ともに赤字転落となりました。なお、通期業績については前回予想を据え置いています。

2020年3月期第1四半期決算短信:日本ケミコン

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事