不景気.com > 赤字決算 > SMKの19年3月期は18億円の営業赤字、棚卸資産評価損で

SMKの19年3月期は18億円の営業赤字、棚卸資産評価損で

SMKの19年3月期は18億円の営業赤字、棚卸資産評価損で

東証1部上場で各種コネクタなど電子部品製造の「SMK」は、2019年3月期決算短信を発表し、当期営業損益が18億3400万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績:SMK

売上高営業損益純損益
19年3月期 573億8600万円 △18億3400万円 △8億3400万円
前期実績 597億8600万円 4億8500万円 △2億8800万円
次期予想 未定 未定 未定

中国市場の減速やセットトップボックス用新製品の立ち上げの遅れで、売上高は前期実績を下回ったことに加え、海外のmicroSDカードビジネスにおける棚卸資産評価損として7億4000万円、繰延税金資産を取り崩し法人税等調整額として7億500万円をそれぞれ計上したため、営業損益・純損益ともに赤字となりました。

なお、固定資産の譲渡に伴う特別利益として12億5900万円を計上したことから、営業損益に比べ純損益の赤字幅が少なくなっています。

2019年3月期決算短信:SMK

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事