不景気.com > 赤字決算 > SMKの19年第1四半期は6億円の営業赤字に転落

SMKの19年第1四半期は6億円の営業赤字に転落

SMKの19年第1四半期は6億円の営業赤字に転落

東証1部上場で各種コネクタなど電子部品製造の「SMK」は、2019年3月期第1四半期決算短信を発表し、四半期営業損益が6億8300万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2019年3月期第1四半期連結業績:SMK

売上高営業損益純損益
2019年3月期(1Q) 135億1100万円 △6億8300万円 △5100万円
前年同期 138億6700万円 1億1200万円 6000万円
通期予想 625億円 10億円 11億円

中国市場の減速によるスマートフォン用コネクタの苦戦に加え、ヘルスケア関連用コネクタの需要一巡や欧州向け車載タッチパネルの量産遅れなどから、営業損益・純損益ともに赤字転落となりました。

なお、為替差益として5億5800万円を計上したことから、純損益の赤字が営業損益に比べ少なくなっています。また、通期業績については前回予想を据え置いています。

2019年3月期第1四半期決算短信:SMK

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事