不景気.com > 赤字決算 > 双葉電子の19年3月期は160億円の最終赤字に転落、減損で

双葉電子の19年3月期は160億円の最終赤字に転落、減損で

双葉電子の19年3月期は160億円の最終赤字に転落、減損で

東証1部上場でラジコン機器製造の「双葉電子工業」は、2019年3月期決算短信を発表し、当期純損益が160億1500万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績:双葉電子工業

売上高営業損益純損益
19年3月期 670億8300万円 3億2300万円 △160億1500万円
前期実績 693億5300万円 7億2600万円 11億7900万円
次期予想 645億円 3億円 △15億円

ラジコン機器やモールド金型用器材の売上が低迷したことに加え、タッチセンサーや生産器材の製造設備について、固定資産の減損損失として150億200万円の特別損失を計上したため、純損益は赤字転落となりました。

2019年3月期決算短信:双葉電子工業

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事