不景気.com > 国内倒産 > 京都・舞鶴「ホテルマーレたかた」に破産決定、民事再生廃止

京都・舞鶴「ホテルマーレたかた」に破産決定、民事再生廃止

京都・舞鶴「ホテルマーレたかた」に破産決定、民事再生廃止

官報によると、京都府舞鶴市に本拠を置くホテル経営の「株式会社たかた荘」は、8月8日付で京都地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1951年に創業の同社は、舞鶴市内にて料理旅館の「たかた荘」を経営するほか、2000年には「ホテルマーレたかた」をオープンし、宿泊・結婚式・宴会需要などを取り込み業績は好調に推移していました。

しかし、結婚式に対する価値観の変化などで婚礼需要が落ち込むと、ホテル建設に伴う借入金が負担となり資金繰りが逼迫したため、2018年6月14日付で民事再生法の適用を申請していました。その後は、再建を目指し手続を進めたものの、再生手続の廃止決定を受けたことから再建を断念し、破産手続に移行していました。

民事再生法申請時の負債総額は約21億円で、事件番号は令和1年(フ)第790号で、破産債権の届出期間は9月26日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は12月4日までです。

「国内倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事