不景気.com > 赤字決算 > 東京商品取引所の19年3月期は23億円の最終赤字、取引低迷

東京商品取引所の19年3月期は23億円の最終赤字、取引低迷

東京商品取引所の19年3月期は23億円の最終赤字、取引低迷

商品先物取引市場を運営する「東京商品取引所」は、2019年3月期連結業績を発表し、当期純損益が23億2100万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績:東京商品取引所

営業収益営業損益純損益
19年3月期 29億8300万円 △8億6900万円 △23億2100万円
前期実績 30億9500万円 △7億9200万円 △7億2700万円

取引数の低迷により、2016年3月期から4期連続で営業損失および純損失を計上するなど業績が悪化しています。なお、同社は「日本取引所グループ」と経営統合することで合意しており、早期に総合取引所の体制を構築するべく準備を進めています。

2019年3月期連結損益計算書:東京商品取引所

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事