不景気.com > 企業不況 > クロスプラスが3億円の債権放棄、子会社「スタイリンク」解散で

クロスプラスが3億円の債権放棄、子会社「スタイリンク」解散で

クロスプラスが3億円の債権放棄、子会社「スタイリンク」解散で

東証・名証2部上場のアパレルメーカー「クロスプラス」は、100%出資子会社の「スタイリンク」(東京都目黒区)の解散および清算に伴い、同子会社に対する貸付金3億3200万円を債権放棄すると発表しました。

2002年に設立のスタイリンクは、ヤングレディースSPA向けにOEM・ODM事業を展開していたものの、市場低迷や競争激化で債務超過に陥るなど業績が悪化したため、2019年1月31日付で解散し、清算手続の一環として今回の措置となりました。

なお、当該債権については貸倒引当済みのため、業績に与える影響は軽微とのことです。

当社連結子会社に対する債権放棄に関するお知らせ:クロスプラス

「企業不況」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事