不景気.com > 国内リストラ > 大阪ガスが山口・宇部の石炭火力発電所建設計画から撤退

大阪ガスが山口・宇部の石炭火力発電所建設計画から撤退

大阪ガスが山口・宇部の石炭火力発電所建設計画から撤退

東証・名証1部上場の「大阪ガス」は、山口県宇部市において計画中の石炭火力発電所の建設から撤退すると発表しました。

2015年3月に大阪ガスが45%、電源開発が45%、宇部興産が10%をそれぞれ出資する合弁会社「山口宇部パワー」(山口県宇部市)を設立し、宇部市西沖の山にて石炭火力発電所の建設計画を進めていました。

しかし、電力の小売り自由化に伴う価格競争の激化に加え、環境負荷が高い石炭火力への風当たりは強く、電力事業を取り巻く環境変化や将来的なリスクを踏まえた結果、同計画を継続することは困難と判断し今回の決定に至ったようです。

大阪ガス:西沖の山発電所(仮称)新設計画からの撤退について

「国内リストラ」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事