不景気.com > 赤字決算 > 日本郵船の19年3月期は445億円の最終赤字、ONE不振で

日本郵船の19年3月期は445億円の最終赤字、ONE不振で

日本郵船の19年3月期は445億円の最終赤字、ONE不振で

東証・名証1部上場の海運大手「日本郵船」は、2019年3月期決算短信を発表し、当期純損益が445億100万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績:日本郵船

売上高営業損益純損益
19年3月期 1兆8293億円 110億8500万円 △445億100万円
前期実績 2兆1832億円 278億2400万円 201億6700万円
次期予想 1兆7300億円 380億円 260億円

「日本郵船」「川崎汽船」「商船三井」の合弁による定期コンテナ船会社の「ONE」に対する貸船について、傭船市況が想定を下回っていることから、契約損失引当金繰入額として約310億円の特別損失を計上するため、純損益は大幅な赤字転落となりました。

2019年3月期決算短信:日本郵船

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事