不景気.com > 国内倒産 > ゲーム会社の「ニホンクリエイト」に破産決定、「野球道」開発

ゲーム会社の「ニホンクリエイト」に破産決定、「野球道」開発

ゲーム会社の「ニホンクリエイト」に破産決定、「野球道」開発

官報によると、大阪府大阪市浪速区に本拠を置くコンピューターゲーム開発の「日本クリエイト株式会社」(ニホンクリエイト)は、3月15日付で大阪地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1988年に創業の同社は、監督目線の野球シミュレーションゲーム「野球道」「高校野球道」シリーズや、アドベンチャーゲームの「3×3EYES」シリーズの開発メーカーとして知られ、主にパソコン向けゲームソフトの企画・開発を手掛けていました。

しかし、主力の野球ゲームにおけるライセンスの問題で、選手名やチーム名の実名使用が困難となったことから、その後は「高校野球道」を中心に事業を展開していたものの、多額の開発費を吸収できずに資金繰りが逼迫したため、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約8000万円の見通しです。

「国内倒産」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事