不景気.com > 国内リストラ > 日本製鋼所が風力発電機の製造から撤退、技術開発困難で

日本製鋼所が風力発電機の製造から撤退、技術開発困難で

日本製鋼所が風力発電機の製造から撤退、技術開発困難で

東証1部上場で鋳鍛鋼・産業機械製造の「日本製鋼所」は、風力発電機の製造および販売事業から撤退すると発表しました。

2006年に風力発電機事業へ参入すると、国内で135基の風力発電機を納入したものの、日本特有の難しい気象環境に対応するための技術開発が困難となり、2016年度をもって製造を中止していました。

そのため、今後の事業継続について検討した結果、将来的な収益の確保は困難と判断し今回の決定に至ったようです。なお、既設の風力発電機のメンテナンスについては継続するとのことです。

当社一部事業の撤退に関するお知らせ:日本製鋼所

「国内リストラ」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事