不景気.com > 赤字決算 > 東亜道路工業の19年3月期は6億円の最終赤字へ、課徴金で

東亜道路工業の19年3月期は6億円の最終赤字へ、課徴金で

東亜道路工業の19年3月期は6億円の最終赤字へ、課徴金で

東証1部上場で道路舗装大手の「東亜道路工業」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が6億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:東亜道路工業

売上高営業損益純損益
前回予想 1030億円 33億円 19億円
今回予想 1030億円 33億円 △6億円
前期実績 982億1800万円 43億円 25億1800万円

公正取引委員会より独占禁止法に基づく排除措置命令書および課徴金納付命令書の意見聴取通知書を受領したことに伴い、すでに計上済みの独占禁止法関連損失引当金7億8000万円に加え、予定課徴金納付額との差額の約25億円を特別損失として計上するため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:東亜道路工業

「赤字決算」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事