不景気.com > 赤字決算 > クレアHDの18年3月期は16億円の最終赤字へ、売上減で

クレアHDの18年3月期は16億円の最終赤字へ、売上減で

クレアHDの18年3月期は16億円の最終赤字へ、売上減で

東証2部上場の「クレアホールディングス」(旧商号:「キーイングホーム」「千年の杜」「東邦グローバルアソシエイツ」)は、2018年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が16億1200万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績予想:クレアホールディングス

売上高営業損益純損益
前回予想 38億6800万円 △4100万円 △5億4200万円
今回予想 19億7500万円 △6億8800万円 △16億1200万円
前期実績 6億400万円 △3億9800万円 △4億500万円

受注済みの建設工事案件について、工事代金の入金遅れなどから当期中に売上を計上できなかったことに加え、子会社の業績低迷によるのれんの減損損失として4億5600万円の特別損失を計上し、また、棚卸資産評価損として約3億円を計上したため、営業損益・純損益ともに赤字幅が拡大する見込みとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:クレアホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事