不景気.com > 国内倒産 > 東京のペットショップ経営「ワシントン」に破産決定、1933年創業

東京のペットショップ経営「ワシントン」に破産決定、1933年創業

東京のペットショップ経営「ワシントン」に破産決定、1933年創業

信用調査会社の帝国データバンクによると、東京都杉並区に本拠を置くペットショップ経営の「株式会社ワシントン」は、2月13日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1933年に神奈川県鎌倉市で創業の同社は、シェパード・チワワ・セントバーナードをはじめとする多数の犬種を輸入するなど老舗の犬専門店として知られるほか、トリミング・シャンプーや犬具・ペットフードの販売も手掛けていました。店舗は杉並区・渋谷区・世田谷区などに展開するほか、百貨店の「高島屋」内にも出店していました。

しかし、景気低迷や競争激化による販売不振が続くと、店舗閉鎖による合理化策を実施したものの、その後も業績回復には至らず資金繰りが行き詰まり、やむなく事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

老舗犬専門ペットショップ経営のワシントン、破産(帝国データバンク) Yahoo!ニュース

「国内倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事