不景気.com > 不景気ニュース > 日清食品グループが駅伝から撤退、入部予定2名も取消し

日清食品グループが駅伝から撤退、入部予定2名も取消し

日清食品グループが駅伝から撤退、入部予定2名も取消し

東証1部上場の食品大手「日清食品ホールディングス」は、運営する「日清食品グループ陸上競技部」について、2019年1月以降は駅伝競走大会に出場しないと発表しました。

1995年に創部した同部は、これまでにオリンピック選手を5名輩出したほか、全日本実業団駅伝で2度の優勝を誇るものの、近年は記録が低迷していました。

同社によると、「今後は世界を目指す選手の競技活動をサポートする体制に切り替える」とのことで、2020年東京オリンピックのマラソン代表選考会への出場権を持つ2名を除く12名については、移籍もしくは引退を余儀なくされる見込みです。また、今年入部予定だった2名についても、新たな所属先を探す必要に迫られています。

2018年10月には「DeNA陸上チーム」が同じく駅伝からの撤退を発表しており、今後は他チームの動向に注目が集まりそうです。

日清食品グループ陸上競技部の今後の活動について | 日清食品グループ

関連記事

「不景気ニュース」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事