不景気.com > 赤字決算 > マックハウスの19年2月期は23億円の最終赤字へ、大幅悪化

マックハウスの19年2月期は23億円の最終赤字へ、大幅悪化

マックハウスの19年2月期は23億円の最終赤字へ、大幅悪化

「チヨダ」の子会社でジャスダック上場のカジュアル衣料品チェーン「マックハウス」は、2019年2月期通期業績予想を下方修正し、当期純損益が23億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年2月期通期業績予想:マックハウス

売上高営業損益純損益
前回予想 293億6000万円 2億2000万円 △8億6000万円
今回予想 280億円 △7億4000万円 △23億円
前期実績 308億5200万円 2億1600万円 △2億2400万円

前四半期から引き続き、低価格化戦略による客単価の減少や天候不順による客数の減少などで、第3四半期累計期間の既存店売上高は前年同期比で10.3%の減少となりました。

また、収益が悪化している店舗の減損損失として6億6200万円、繰り延べ税金資産の取り崩しによる法人税等調整額として6億5200万円を計上することから、売上高・営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:マックハウス

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事