不景気.com > 赤字決算 > マックハウスの19年2月期は28億円の最終赤字へ、商品評価損

マックハウスの19年2月期は28億円の最終赤字へ、商品評価損

マックハウスの19年2月期は28億円の最終赤字へ、商品評価損

「チヨダ」の子会社でジャスダック上場のカジュアル衣料品チェーン「マックハウス」は、2019年2月期通期業績予想を下方修正し、当期純損益が28億3100万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年2月期通期業績予想:マックハウス

売上高営業損益純損益
前回予想 280億円 △7億4000万円 △23億円
今回予想 280億900万円 △12億3800万円 △28億3100万円
前期実績 308億5200万円 2億1600万円 △2億2400万円

収益性の改善を目的とする品目数の絞り込み策の実施に伴い、取り扱いを縮小する商品群の評価損などとして7億2600万円を計上するほか、収益が悪化している店舗の減損処理を引き続き実施したことから、営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:マックハウス

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事