不景気.com > 赤字決算 > 第一パンの18年12月期は6億円の赤字へ、価格改定進まず

第一パンの18年12月期は6億円の赤字へ、価格改定進まず

第一パンの18年12月期は6億円の赤字へ、価格改定進まず

東証1部上場の製パン業「第一屋製パン」(第一パン)は、2018年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期営業損益が6億3000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年12月期通期連結業績予想:第一屋製パン

売上高営業損益純損益
前回予想 253億円 △3億4000万円 △2億7000万円
今回予想 251億円 △6億3000万円 △5億4700万円
前期実績 266億200万円 △4100万円 5700万円

上期から続く新製品やプライベートブランド製品の売上不振や、価格改定が想定通り進まなかったことに加え、原材料価格・エネルギー・人件費などのコスト増や、台風による停電の影響で一部工場の一時操業停止を余儀なくされたことから、売上高・営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:第一屋製パン

関連記事

「赤字決算」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事