不景気.com > 赤字決算 > 八千代工業の19年3月期は39億円の最終赤字へ、受注減

八千代工業の19年3月期は39億円の最終赤字へ、受注減

八千代工業の19年3月期は39億円の最終赤字へ、受注減

ジャスダック上場で自動車部品製造の「八千代工業」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が39億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:八千代工業

売上高営業損益純損益
前回予想 1630億円 94億円 50億円
今回予想 1610億円 13億円 △39億円
前期実績 1655億6200万円 93億6900万円 47億9600万円

メキシコで発生した水害に伴う主要顧客の生産休止や、他地域における生産変化に伴う受注の減少などから、売上高は前回予想を下回る見込みです。また、アメリカの子会社「ユー エス ヤチヨ」において、生産安定化策の継続に伴う追加費用や製品補完費用を計上することから、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:八千代工業

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事