不景気.com > 国内倒産 > 給食用食材卸「札幌佐藤食品」が破産申請へ、負債2億円

給食用食材卸「札幌佐藤食品」が破産申請へ、負債2億円

給食用食材卸「札幌佐藤食品」が破産申請へ、負債2億円

北海道札幌市に本拠を置く給食用食材卸の「札幌佐藤食品株式会社」は、11月6日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1962年に設立の同社は、医療機関や自衛隊・刑務所などを取引先として、瓶詰・缶詰など給食用食材や乾物などの卸を主力に事業を展開していました。

しかし、医療機関における経費削減の影響で受注が減少すると、今年9月に発生した北海道胆振東部地震の影響で物流が停止したことから、仕入れに支障を来す状況となり売上が激減したため、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約2億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事