不景気.com > 赤字決算 > 中村超硬の19年3月期は93億円の最終赤字へ、債務超過に

中村超硬の19年3月期は93億円の最終赤字へ、債務超過に

中村超硬の19年3月期は93億円の最終赤字へ、債務超過に

東証マザーズ上場でダイヤモンドワイヤ開発・製造の「中村超硬」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が93億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:中村超硬

売上高営業損益純損益
前回予想 75億円 △23億円 △27億円
今回予想 50億円 △38億円 △93億円
前期実績 121億4000万円 15億7000万円 13億8100万円

ダイヤモンドワイヤが使用される太陽光シリコンウエハ市場の低迷に伴い、ダイヤモンドワイヤの市場価格が年初比で約7割下落するなど厳しい環境に陥っています。そのため、機械装置などの固定資産について、第2四半期末時点で50億1100万円の減損損失を計上したことから、売上高・営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

また、これらの損失計上に伴い、第2四半期末時点において4億2800万円の債務超過に陥ったことも併せて明らかにしました。

業績予想の修正に関するお知らせ:中村超硬

関連記事

「赤字決算」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事