不景気.com > 赤字決算 > JR北海道の19年第2四半期は170億円の営業赤字、台風地震

JR北海道の19年第2四半期は170億円の営業赤字、台風地震

JR北海道の19年第2四半期は170億円の営業赤字、台風地震

「JR北海道」は、2019年3月期第2四半期決算を発表し、四半期営業損益が170億円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2019年3月期第2四半期連結業績:JR北海道

営業収益営業損益純損益
2019年3月期(2Q) 828億円 △170億円 △11億円
前年同期 863億円 △146億円 10億円
通期予想 1680億円 △425億円 △175億円

9月に発生した台風21号および北海道胆振東部地震の影響で、鉄道運輸収入が大幅に減少したほか、修繕費の増加も重なり、営業損益は第2四半期連結決算の公表を開始した2000年度以降で過去最大の赤字となりました。なお、経営安定基金資産の評価益を計上したことから、純損益は11億円の赤字となりました。

また、通期連結業績予想については、修繕費や震災によるバス代行経費などの増加に加え、震災復旧費用を見込むことから、営業損益・純損益ともに大幅な赤字見通しとなりました。

2019年3月期第2四半期決算:JR北海道

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事