不景気.com > 赤字決算 > JR北海道の18年3月期は416億円の営業赤字、過去最大

JR北海道の18年3月期は416億円の営業赤字、過去最大

JR北海道の18年3月期は416億円の営業赤字、過去最大

JR北海道は、2018年3月期決算短信を発表し、当期営業損益が416億円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績:JR北海道

営業収益営業損益純損益
18年3月期 1737億円 △416億円 △87億円
前期実績 1725億円 △398億円 △148億円
次期予想 1705億円 △400億円 △140億円

ホテル業や不動産賃貸業など非主力事業が好調だったことから、営業収益は前期実績を上回ったものの、開業2年目を迎えた北海道新幹線など鉄道の修繕費や除雪費が増加したため、営業損益は過去最大の赤字となりました。なお、JR北海道単体での営業損益は、525億円の赤字となりました。

一方、経営安定基金資産や土地の売却などにより、純損益は前期実績に対し赤字幅を縮小しました。

2018年3月期決算短信:JR北海道

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事